デジカメで虫を追っかけてます。きっと気まぐれな更新になると思いますです。すみません(汗)。


by Kimaru2009

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
ノコギリカミキリ亜科
ハナカミキリ亜科
カミキリ亜科
フトカミキリ亜科
昆虫一般
その他
未分類

お気に入りブログ

NATURE DIARY

リンク

以前の記事

2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 01月

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ゴマフキマダラカミキリ

c0196900_2285910.jpg

ここ1~2年で、一番気合いを入れて撮影したのは、2009年5月に、ゴマフキマダラに出会ったときだ。前々から、新鮮な美しい個体に巡り会いたいと思っていたのだが、ある日突然、それが現実のものとなったのであった。

今を去ること25年も昔。当時は愛媛県砥部町(現松山市)にあったY氏のお宅におじゃまし、たくさんのカミキリムシ標本を見せていただいたことがあった。その中に、小田深山で5月(6月初旬だったかもしれない)にひこばえのビーティングで得られたという数頭の本種があり、淡い小豆色とでも言おうか、それはそれは美しい色彩をしていた。厚かましい私は、その中の1頭をちゃっかり頂いてしまったような記憶がある。

そのときから、私の中では、「小田深山」という地名と「ゴマフキマダラ」という種名とが強烈にリンクするようになっていったのだが、後日、カミキリの楽園を夢見て初めて訪れた小田深山で、私は愕然とすることになる。豊かだったはずの原生林はことごとく伐採され、そこにあったのは一面の禿げ山だったのだ。尾根にわずかなブナ林が残されてはいたものの、私の大きな期待に応えてくれるものでは、到底なかった。

そして、先の標本をくださったY氏も、今はもういない。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-11-23 22:11 | フトカミキリ亜科

以前の写真から

今年の秋はえらく短くて、「もう冬やな~」と思うほど朝晩、冷えるようになってきた。
こう寒くては、山へ行く気にもならず、その後、写真も全く撮っていない。う~ん。軟弱・・・。

ちょっと寂しいので、以前の写真から。
c0196900_1745406.jpg

昔から成虫越冬の定番としてよく知られたラギウム君。高校生の時、佐那河内村でアカマツの立ち枯れ樹皮下から初めて採集したときは、本当にうれしかった。
四国での既産地は多くないが、主に中山帯のアカマツやモミに依存していることを考えると、かなり広く分布しているものと思う。
写真の個体は、くたびれた犬の耳よろしく触覚をだらしなく曲げているが、野外で出会ったときに、触覚を前方へビシッと伸ばした姿は、結構凛々しい(と思う)。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-11-13 17:55 | ハナカミキリ亜科

ベーツヒラタカミキリ

c0196900_2045476.jpg

 高校生の頃、夏休みに何気なく訪れた近所の神社。当時は、まだシイの大木が所狭しと茂っていて、境内は昼間でも暗いほどだった。そして、これまた何気なく、手近にあったシイ大木の部分枯れの浮いた樹皮をパリッとめくると、鈍いオレンジ色のカミキリムシが現れた。なんと、ベーツヒラタだった。
 当時のバイブル「原色日本昆虫生態図鑑Iカミキリ編」には、ベーツヒラタ発見のヒントが詳しく書かれていた。そのおかげで、神社や仏閣などのシイの大木を探すのがよいことを、駆け出しの私も知ってはいたのだが、まさか、こんな身近なところにいようとは・・・。
 それから似たような神社を何ヶ所か巡り、複数のベーツヒラタを得るに至った。

 しかし、それから30年。神社のシイ林はじわじわと規模が小さくなり、林内の乾燥が激しくなっていった。それとともに、本種の発生するような立ち枯れや部分枯れもずいぶん少なくなってしまった。この夏、本当に久しぶりに再会したわけだが、いつまでこの地で生息し続けていられるだろう・・・。 
c0196900_20572824.jpg

[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-10-24 20:58 | ノコギリカミキリ亜科

オオアオカミキリ

 たいへん幸運な場面に遭遇した。谷間の道路の下の斜面からカラスザンショウが伸び、ちょうど目の高さに花を付けていたのである。そして、その花の上には、大きなエメラルド色の姿がいくつも見つかった。
c0196900_229578.jpg

 これまでにも、ノリウツギの花に来ているものは何度か見かけたことがあったが、カラスザンショウに集まっているのを見たのは、初めてである。そもそも、たいていの場合、カラスザンショウの花は、何mも上空に咲いていて、横から眺めるなど不可能である。それが、顔のすぐ前に花を付けていたものだから、これは幸運以外の何者でもない。
c0196900_2216643.jpg

 夏の日差しに、緑がキラキラと輝いて、それはそれは見事だった。
c0196900_2215822.jpg

[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-10-16 22:17 | カミキリ亜科

イッシキキモンカミキリ

 いつのまにやら、すっかり秋が深まってきた。思い切り時期遅れになってしまったが、この夏の写真から。
c0196900_20242571.jpg

 山間で車を留めた折りに、見上げるとクワの木。真夏の青い空、白い雲、見慣れた食痕・・・・そして、イッシキ・・・。高校生の頃から、自分的には最も真夏らしいシーンの一つだ。
c0196900_2028356.jpg

 午前中は、クワの梢の周辺を盛んに飛び回っているが、昼頃には葉に落ち着き、あまり飛ばなくなる。それでも、注意深く目をこらせば、その美しい姿をいくつも見つけることができた。

 本種は、昔はかなりの珍品イメージがあったが、最近では、ちょっとした山あいでクワさえあれば、かなりの確率でみつかり、個体数も多い。ずいぶんとポピュラーな種になった印象がある。昔より増えてきているのか、それとも、以前は探すポイントがずれていたのか。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-10-10 20:32 | フトカミキリ亜科

ルリボシカミキリ

 8月に剣山から祖谷街道へ下っていて、小規模な伐採を発見。ケヤキも交じっていたので、少しばかりの期待をもって近づいてみると・・・・・、いた。
c0196900_811474.jpg

 ルシボシカミキリ。久しぶりに出会った。やっぱり美しいぞ。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-10-02 08:02 | カミキリ亜科

鹿害 剣山の場合

 8月に、ずいぶん久しぶりに剣山を訪れてみた。何の虫を狙うでもなく、ちょっとぶらぶらしてみるつもりだった。で、手始めに夫婦池に寄ってみた。すると・・・
c0196900_961819.jpg

 以前は腰の高さまであった笹が、足首程度の高さしかない。そして一番ショックだったのが、池の畔に立つ、ここのシンボルともいうべき(勝手に私が思っているだけだが)ウラジロモミの大木が枯れてしまっていたことだ。なんとまあ・・・。
c0196900_984686.jpg

 そばへ寄ってみると、根本の樹皮が全くなくなっている。おそらく鹿に喰われてしまったのだろう。これでは、枯れもしよう。
c0196900_994914.jpg

 傍らには、ここにもイケマが。おそらく、これから増えていくのだろう。ホソツツリンゴの姿はなかったが、やがてたくさん見られるようになるに違いない。

 なんだか憂鬱な気持ちになりながら、車を見ノ越まで進めてみる。慣れ親しんだブナ林に足を踏み入れてみると・・・
c0196900_913082.jpg

 高城山と全く同じことが起きていた。下草が全くない。まるで、砂山に高木だけがにょきにょきと生えているようで、奇妙なことこの上ない。このあたりも以前は、腰の高さまで笹や草本が所狭しと生い茂っていたのである。
c0196900_9151431.jpg

 樹皮を喰われてしまった木も、そこここに見られる。ミズキあたりは集中的に喰われている印象を受けた。
c0196900_9162745.jpg

 遠目に見ると豊かな森なのだが、林床から確実に壊れていっているようで、ちょっと恐ろしくなってきてしまった。この状態は、これからずっと続くのだろうか。それとも、いずれは鹿が減ってきて、元の森に戻るのだろうか・・・。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-09-28 09:21 | その他

高城山林床の惨状とホソツツリンゴカミキリ

 一見豊かに見える高城山のブナ林。
c0196900_19203497.jpg

 しかし、林内に立ち入ると、異様な光景が広がる。
c0196900_19213098.jpg

 「はあ、どこが異様なの?」と思われるかもしれない。だが、数年前までここにはびっしりと腰まで埋まるくらいの笹が茂り、谷沿いには背の高い草本が所狭しと生えていた。それが今では、木以外は、全くといってよいほど生えていない。それほど鹿の食害がひどいのである。
c0196900_2049169.jpg

 たまに草本が茂っていると思ったら、それはトリカブトやイケマ、タケニグサなどの毒草である。鹿が食べない草たちだけが残り、自ずとそれらが繁栄していく。写真はトリカブト。
c0196900_205115.jpg

 林道沿いには、昔はほとんど見ることのできなかったイケマがそこここに群落を形成し、それに寄生するホソツツリンゴカミキリが、今や普通種となっている。
c0196900_20575998.jpg

 林床は草本が育たず乾燥しているので、草本につく虫たちや落ち枝や土の中で育つ虫たちはどんどん減っていくのではないだろうか。
 
 剣山あたりでも、全く同様のことが起きており、今後が心配である。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-09-05 20:58 | フトカミキリ亜科

馬鹿にできない体育館2

 さらに、オオシロが見つかった数日後、もしや、他にも何かおもしろい虫が見つかりはしないかと、体育館の二階ギャラリーを回ってみた。この体育館は、夜にママさんバレーなどが使用していて、照明が点いている日が多い。となると、そこへ飛来する昆虫も少なからずいるはずで、先日のオオシロカミキリもそんな中の一つであったのだろう。

 二階ギャラリーは、普段人が上がることはないので、掃除もあまりできておらず、虫の死骸がごろごろしている。一番多いのは蛾で、続いてコガネの仲間か。羽蟻のようなのもたくさん落ちている。そんな死骸に交じって、なにやらカミキリらしいのが目にとまった。足はほとんどとれ、触覚も片方しかいない。手に取ってみると・・・・・なんと・・・
c0196900_1830452.jpg

 ベーツヤサだった!

 四国のベーツヤサは、今でこそ、あちこちで見つかっているが、かつては愛媛県成川渓谷しか生息地が知られず、かなりの珍品だった。その後、徳島県でも産地がいくつか見つかったが、それにしても、山間の渓谷沿いや県南部の照葉樹林で局地的に見られるのみ。特に吉野川の下流域では、未だに見つかっていない。
 それが、何の変哲もない、町外れの体育館の隅っこに転がっていたのだから、なんともびっくりしてしまった。
 この体育館から1kmほど南へ行けば山があり、カゴノキくらいは生えていようが、ひょっとしてそこに本当に生息しているのだろうか? 冬になって気が向いたら、加害材でも探してみよう・・。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-08-13 18:37 | カミキリ亜科

馬鹿にできない体育館

 6月の末頃。職場で掃除の時間に体育館にいると、
「カミキリ、ゲット~!」
という声。
(どうせ、ゴマダラだろうなあ・・・。)とさして気にもとめずにいると、声の主である男の子が「見て見て、これカミキリじゃよなあ!」
と、その虫をもってきた。ゴマダラよりは幾分小さいが、長い立派な触覚、白いエリトラ・・・・およよ、なんと・・・・・オオシロだった!
c0196900_2139820.jpg

 もらってしまおうかととも思ったが、ずいぶん大切そうにしていたので、それは控えておいた。
「I町(私の住んでいる町)では、たぶん、もう30年くらい採れたことないと思うよ。」
と話すと、男の子はとてもうれしそうだった。私が高校生のときに知人が2頭採集しているのをみせてもらったことがあったが、おそらく、それ以来なのである。

 職場の体育館も馬鹿にできないなあ、と思った次第。

 なお、この個体は、数日間、男の子の手で教室で飼われていたが、しばらくして死んでしまった。男の子は死んだ虫には興味がなかったようで、その後、まったく見向きもしなくなった。というわけで、現在、このオオシロ君は展足もされないままで私の手許にある。
[PR]
# by Kimaru2009 | 2010-08-12 21:47 | カミキリ亜科